KANSHI

http://thehookmusic.com/

AWSではメモリの監視もできる!特徴や料金、サービスのメリットは?

AWSは、アマゾンが提供するITインフラストラクチャーサービスとして人気を得ています。AWSは、目的に合わせてストレージや分析といったいろいろなサービスが利用できるのが特徴です。例えば、今回取り上げるAmazon CloudWatchでは、メモリの状態を監視してシステムのパフォーマンスに問題がないかどうかをチェックする機能などがそなわっています。

Amazon CloudWatchの特徴や料金、サービスのメリットなどを、ここでは紹介します。

『AWSのプロセス監視ツール「Cloud Watch」を導入しよう!』

Amazon CloudWatchはawsの監視サービス

Amazon CloudWatchは、AWSやオンプレミスのリソース状態を総合的に監視して、必要な対処をしてくれる便利なサービスです。例えば、このサービスを利用すると、メモリやCPUなどのリソースの使用率をチェックして必要なアクションを実行してくれます。

リソースのデータ収集やモニタリングもできるため、インサイトの取得にも役立ってくれるのが特徴になっています。インサイトを取得することで、アプリケーションリソースやインフラストラクチャーリソースを最適な状態にできれば、業務の効率化やサービスの品質向上などにも役立ちますよね。

Amazon CloudWatchの便利な点は、いろいろなサービスに柔軟に対応できるところです。オンプレミス環境の監視システムの場合、特定のサーバーを監視することを前提に構築されているケースも少なくありません。

このスタイルだと、監視する対象が増えたときなどにあらためて設定をしなければなりません。Amazon CloudWatchの場合は、自動的に通知が送られるなど、その都度必要なアクションがおこなわれる仕組みになっているため、システムの管理が大幅に楽になる可能性があります。

Amazon CloudWatchでは ダッシュボードでグラフが作れる

ログデータやメトリクスが一目でわかるダッシュボードでグラフが作れるのも、Amazon CloudWatchの機能の1つです。メモリやCPUの使用率が本来の容量を超えてしまうと、いろいろなトラブルが予想されますよね。

この機能を使ってメモリやCPUの使用率、キャパシティをこまめにグラフで確認しておけば、必要なときに使用者側でコントロールをすることも可能です。ログのパターンをチェックするうえでも、このようなグラフで状態が確認できれば便利です。

必要な通知が受けられるアラーム設定が可能

Amazon CloudWatchでは、任意でアラームが設定できます。こういったアラームを設定しておくと、パフォーマンスなどに問題が生じたときに通知を受け取ることができるでしょう。Amazon CloudWatchには、機械学習アルゴリズムでメトリクスのデータを分析し、異常を検知する機能が備わっています。

上手に機能を活用すれば、障害の発生を未然に防げたり、トラブルの際により早く復旧ができたりするかもしれません。システムの障害は、ビジネスにも大きな影響を及ぼすことがあります。オンプレミスの監視システムは、復旧に少し時間がかかるケースもありますが、トラブルシューティングが迅速なAmazon CloudWatchは復旧までの時間を最小限に抑えられる可能性が高いです。

アプリケーションやオペレーションの最適化に役立つ分析機能

アプリケーションやオペレーションの最適化に役立つのが、Amazon CloudWatchの分析機能です。Amazon CloudWatchが収集しているメトリクスデータは、15カ月間保存ができるようになっています。

ヘルスメトリクスについては1秒単位で収集が可能で、詳細な記録が残るのが便利な点です。1年以上の長い記録が残れば、季節によって変動する傾向なども把握しやすくなります。使い方をチェックするうえでも、こういったログ分析の機能は役立つかもしれません。

オペレーションで発生した問題に対処ができるAmazon CloudWatch Logs Insightsなども、便利な機能です。データの集計結果をもとにクエリを作成し、ダッシュボードに送ることも可能です。

一部の機能がお試しできるAmazon CloudWatchには無料利用枠

Amazon CloudWatchの場合、サービスは無料と有料にわかれています。無料利用枠は、AWSにサインインをしてから12カ月の間、Amazon CloudWatchの所定の機能が無料で利用できるサービスです。

こういった無料利用枠に含まれているのが、メトリクス、ダッシュボード、アラーム、ログ、イベントの5つの機能です。無料利用枠を利用する場合、各機能にはそれぞれ条件が設けられています。例えば、メトリクスの場合、1分間隔の詳細なメトリクスは10個まで無料利用枠で利用が可能です。

ちなみに、5分間隔の基本モニタリングのメトリクスについては個数の制限はありません。また、ダッシュボードの場合は、最大で50個のメトリクスに対応するダッシュボードを、毎月3個まで作ることができます。アラームについては、高分解能アラームを除くメトリクスアラームを10件まで設定できるようになっています。

無料利用枠は利用できる範囲がある程度決められていますが、「Amazon CloudWatchの機能を試してみたい」という人にとっては、気軽に申し込みができるサービスになるかもしれません。

有料利用枠は初期費用不要の従量課金制

Amazon CloudWatchの有料利用枠は、その月に使用した分を月末に支払っていく従量課金制のスタイルになっています。使用した分を超えて料金が発生することはないため、合理的に利用ができるのがこのサービスのメリットです。料金はリージョンによって変わる仕組みになっており、AWSのサイトに用意されている「AWS料金計算ツール」を使用すると、利用料金の金額が確認できます。ちなみに、Amazon CloudWatchを始めるにあたって、初期費用などはとくにかかりません。基本料金なども請求されないことから、利用しない月に無駄なコストが発生する心配がないところも魅力です

Amazon CloudWatchのメリット

メモリの監視ツールには、オープンソフトウエアもよく利用されています。こういったツールと比べた場合、Amazon CloudWatchは「操作が楽」などのメリットがあります。例えば、メトリクスのデータなどをグラフ化する場合、オープンソフトウエアではいろいろな設定作業が必要になる可能性が高いです。

Amazon CloudWatchの場合は、簡単な操作でデータをグラフにしてチェックができるため、パソコンに余り詳しくない人でも利用しやすいのがメリットになっています。Amazon CloudWatchのようなウェブサイトのツールの場合、カスタマイズがしにくいケースもあります。

さまざまなサービスに柔軟に対応できるAmazon CloudWatchの場合は、こういった心配も少ないです。また、サポートサービスが充実しているのもAmazon CloudWatchのメリットです。「AWSプロフェッショナルサービス」などのサポートサービスを利用すれば、必要なときにプロからサポートが受けられるでしょう。

「AWSプロフェッショナルサービス」は、プロがチームでクライアントをサポートするサービスです。ビジネスに役立つアドバイスなどを得たいときには、このような専門サービスを利用してみるのも1つの方法になるかもしれません。

© 2019 KANSHI Bluesand Theme